断熱塗料は断熱くん!抗菌から地球温暖化対策まで、安全で快適な住環境の創造を目指します。
ホームページアドレスが変更になりました。

大変お手数ですが、以前のhttp://www.aqua1991.com/でお気に入りやブックマークに登録されている場合は新ドメインhttps://aquasystem.co.jp/への変更をお願いいたします。

断熱くんFAQ

安全性について

シックハウス等の健康被害の心配はありませんか?

「断熱くん」は、厚生労働省指定の有害物質(ホルムアルデヒド等)を含まないF☆☆☆☆認定の水性塗料です。安心してご使用いただけます。


なぜ水性塗料が人体や環境に良いのですか?

油性塗料(溶剤型塗料)は、長期間、揮発が続き、有機溶剤を含んだ空気を人が吸い込むことで起こる健康被害(シックハウス症候群等)の原因となります。
これに対し、水性塗料は有機溶剤ではなく水が使われているため、取扱いや施工後も安心です。
製造や廃棄においても、油性塗料は水質汚染などの影響が懸念されていますが、水性塗料は人体や環境に対する基準も厳しい傾向にあるため、管理も行き届いていると考えられます。


カラーについて

白色の他に何色がありますか?

断熱くんは、100色以上の豊富なカラーバリエーションを用意しております。 日本塗料工業会発行色見本帳番号よりご指定いただけます。(ハイフン以下が60番以上をご指定ください。)
※黒や濃厚色はございません。


カラーによって断熱等の性能に差が出ますか?

最高の性能が発揮できるのは白色ですが、カラーでもさほど変わりはありません。(ただし、濃い色では若干の差が出ます。)


納期はどれぐらいですか?

白色で7日間、カラーで10日間です。
(受注生産となっております。お早めにご注文くださいませ。)


既存の濃い色の壁の上に塗った場合、下地の色は出ませんか?

規定の厚みに塗っていただければ下地の色は影響しません。


紫外線による変色・退色はどの程度起こりますか?

特殊セラミックが塗膜表面をガードしますので、一般塗料以下の変化に抑えられます。


透明タイプはありますか?

お取扱いはございません。


性能について


氷点下の環境でも効果はありますか?

氷点下の過酷な環境においても、充分に効果を発揮します。


屋上の防水に使用できますか?

防水主材としては使用できません。専用の防水工事を施した後に、トップコートとしてご使用ください。


屋上に塗付した場合、その上を歩いても大丈夫ですか?

軽歩行程度でしたら問題ありません。ただし、通路など通常の歩行に要する場所は磨耗による性能低下の恐れがありますので塗付はおすすめできません。


天井に塗付した場合でも、効果はありますか?

塗付した「断熱くん」が乾燥する過程で、液体の毛細管現象により、天地に関係なく塗膜表面に特殊セラミックが引っ張り出されますので、壁面や床面に塗付した場合と同じ性能が発揮できます。


取扱いについて


使い残した断熱塗料は、どのくらいの期間使用できますか?

未開封・使い残しに限らず、納品後3ヶ月で使い切るようにしてください。


使用後の空になったペール缶はどうすれば良いですか?

最高級ペール缶を使用しています。
缶に付着した「断熱くん」は、ヘラでこすっていただくときれいに取れますでの、バケツ、ゴミ箱、小物入れ、工具入れ等、アイデアを活かして再利用してください。


「断熱くん」塗付に使用した刷毛、ローラー等を洗浄した水は下水に流しても大丈夫ですか?

無害ですが、下水には流せません。凝固剤で処理してください。


作業中、肌や衣類に付着した場合はどうすれば落ちますか?

塗装作業には必ず保護のために手袋を着用ください。
肌に付着した場合はお湯で、衣類に付着した場合は中性洗剤でよく洗っていただければ落ちます。


施工について


塗ることができない素材はありますか?

ポリプロピレンやフッ素加工品など一部に塗付できないものがあります。当社にご相談ください。


「断熱くん」の上にトップコートを塗付したいのですが?

トップコートを塗付した場合、若干の性能低下が見られます。基本的に「断熱くん」は仕上材としてご使用ください。 どうしてもトップコートが必要な場合は、当社指定のトップコートをご使用ください。


塗り替え年数の目安はどのぐらいですか?

「断熱くん」は、アクリルシリコン樹脂と特殊セラミックの優れた耐久性により、10年以上美観と性能を維持します。 また、再塗装時も特殊な技術や道具等を必要とせず、通常の塗装とまったく同じ方法で手軽に施工できます。


塗付面が傷ついた時、補修は可能ですか?

可能です。傷部分に「断熱くん」を重ね塗りすることで容易に補修ができます。


下地はどの程度整えれば良いですか?

必ずゴミやサビ、汚れ等を除去し、ケレン、洗浄してください。(必要により高圧洗浄を行ってください) 鉄の部位には必ずサビ止めをしてください。また、下地に適合した下地処理(プライマー、シーラー)をしてください。
※市販の下地剤使用可